雌だけで爆殖するザリガニ「ミステリークレイフィッシュ」発見例相次ぐ

2018年05月20日


ザリガニ。

近年ミステリークレイフィッシュと呼ばれる外来のザリガニの発見が相次いでいるそうです。
ミステリークレイフィッシュは突然変異で生まれたと見られる雌だけで繁殖するザリガニ。
誕生の経緯ははっきりしていないものの、1990年台後半から愛好家の間で流通がはじまったとされています。
特徴は先述の雌だけで繁殖することもさることながら、産卵数も通常のザリガニの数倍であること。
このため、容易に繁殖が可能で、愛好家の中で人気種となっています。
反面、もし一度野生化してしまったら生態系に大きな影響を与えるのではないかと以前から懸念されてきました。
実際にミステリークレイフィッシュの野生化は各国で問題となっており、日本でも発見例が相次いでいます。
これを受け、環境省はミステリークレイフィッシュを特定外来生物に指定する方針を決定。
これ以上の野生化を食い止めたいという考えのようです。
外見もアメリカザリガニに似ていますし、気づいていないだけで既にかなり国内に入り込んでいるように思います。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

これは無限にザリガニを食べられる
ということでしょうか(゚A゚;)

食料には向かないのかなぁ
ザリガニはアメリカだと旬の味なんですが(´ω`)
Posted by ボブ at 2018年05月26日 16:15

>>1
ミステリークレイフィッシュはアメリカザリガニよりも一回り小さいので、食用として見るとそこがネックになるかもしれませんね。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年05月27日 04:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。