あおり運転摘発強化 免停昨年の9倍ペース

2018年05月19日


車。

あおり運転の取締件数が急増しているそうです。
あおり運転は他の自動車に対して幅寄せや威嚇など危険を伴う運転行為。
近年痛ましい事故が起こったこともあり、警察庁は取り締まりの強化を決定。
各地でその効果が現れているようです。
今年1月から3月にあおり運転によって免許停止処分となったケースは13件。
これは昨年に比べて9倍のペースになるのだとか。
また、車間距離保持義務違反の件数も昨年の1.2倍に増加。
取締にはヘリコプターなども活用されており、あおり運転の撲滅へ向けて本腰をいれているようです。
各都道府県警は危険な運転者に追われるなどした場合はためらわずに110番通報することを呼びかけているとのこと。
自動車を運転する際は穏やかな心を持つようにしたいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

ドラレコがもっと普及すれば危険な運転も減少しそうですね
Posted by 実在の弟 at 2018年05月20日 23:35

あんな事故があったのにまだ煽り運転なんて馬鹿な事する奴いるのが信じられない
停止じゃなくて取り消しでいいよ
煽り運転するような馬鹿は無免許でも運転しそうだけど
Posted by   at 2018年05月21日 00:38

>>1
個人的にはライブレコーダーは取り付けを義務化してもいいような気もします。

>>2
煽り運転は犯罪であるという認識が世間に広まることを願いたいですね。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年05月27日 04:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。