月の地下に氷存在か。月の隕石から存在示す物質発見

2018年05月03日


アリスさん。

月の地下に水や氷が存在する可能性が高いことがわかったそうです。
これを突き止めたのは東北大学などの研究チーム。
発表によると、同チームは研究にあたり月の隕石に含まれる成分の分析を実施。
するとモガナイトなる鉱物が検出されたそうです。
モガナイトは高い気圧で水が蒸発する際に生成される鉱物。
これまで地球以外には存在しないと考えられていたそうです。
今回モガナイトが見つかったことにより、月の地下に氷や水が存在する可能性が高まったのだとか。
もし月に水や氷が存在すると、将来就きを拠点とした宇宙開発において重要な資源になることが期待されるとのこと。
噂では月の存在そのものが地球由来という話ですし、水が存在していてもおかしくないですね。


Posted by 架空の姉 at 22:28│Comments(2)
この記事へのコメント

アルカリ性の水に溶けたケイ素が、高温高圧状態になった時
水が蒸発するとともにケイ素が酸素と結びついて生成される鉱物
ということらしい。酸素の出所がいまいち不明だけど。

蒸発した水が氷以外にどういう状態で固まるんだろうと思って
調べてみたけど、大事なものが抜けてた。
ネタ元のニュース書いてる方もあまり分かってないよねこれ・・・
Posted by しばそば at 2018年05月04日 03:59

記者がニュースを理解していないのはよくあることで……

月面基地は経済的な利点がないと難しそうですね。軌道エレベータとどっちが早いか。
Posted by 見習い at 2018年05月04日 09:42
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。