ギター老舗のギブソン、破産申請へ

2018年05月01日


ギター。

ギターメーカーのギブソンが破産申請をしたそうです。
ギブソンは1894年に創業したアメリカのギターメーカー。
ギブソンのギターは有名ミュージシャンが愛用するなど、高い評価を受けていました。
同社は近年低迷する事業のテコ入れとして企業買収など積極的な経営戦略を選択。
日本の音響機器メーカーであるティアックの子会社化やオンキヨーへの出資も行っていました。
しかしこの積極策は裏目となり、かえって経営を圧迫する結果に。
最終的に膨らみすぎた債務に押しつぶされる形で日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条の申請を行うことになったのだとか。
負債額は5億ドルに登ると見られており、今後は不採算事業から撤退し経営再建を目指すとのこと。
音楽業界も色々大変みたいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。