硫黄山噴火で川の水質激変 魚も大量死

2018年04月29日


魚。

今月19日に250年ぶりに噴火した霧島連山硫黄山。
この硫黄山の周辺の川で水質が激変しているそうです。
問題となっているのは宮崎県を流れる長江川。
26日に起きた小噴火後、川の水が濁るようになると同時に魚の大量死が確認。
水質を調べたところ、基準の200倍のヒ素が検出されたのだとか。
ヒ素の他にも6項目で基準値を超える物質が検出されており、県では水を利用しないよう注意を呼びかけているとのこと。
自然の力は恐ろしいですね。


Posted by 架空の姉 at 22:46│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。