JAXAの超小型ロケット、ギネス認定

2018年04月27日


い。

JAXAが打ち上げたロケットがギネス世界記録に認定されたそうです。
噂のロケットはJAXAが2月に打ち上げに成功したSS-520。
SS-520は電柱とほぼ同じサイズという小型のロケット。
部品に民生品を活用するなどし、小型化と低価格化を目指した実験機でした。
2月の打ち上げでは搭載した超小型衛星を軌道へ投入することに成功。
これにより、「最小の軌道ロケット」としてギネス世界記録に認定されたのだとか。
JAXAでは今後この成果を活用し、小型低コストの打ち上げシステムの実現と普及を目指していくとのこと。
小型化という点はまさに日本のお家芸といった感じでいいですね。
この成果を生かして商業的な実用化も期待したいです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

いらない子は、いる子だよ!
これからは気軽に宇宙に物を送れる時代が来るのでしょうか。
海外旅行気分で宇宙旅行に行ける日も近い。
Posted by at by at 2018年04月28日 16:25

>>1
行きているうちに1度は宇宙旅行にいってみたいですね
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年04月29日 22:49

いる子も姉さんもきてたー
大型ロケットの積載物の余ったスペースに詰め込む以外の
選択肢が出来るなら打ち上げてほしい側としてはいいことですね
Posted by しばそば at 2018年04月30日 23:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。