世界最北のサンゴ、大部分が死滅か

2018年04月18日


次女。

和歌山県沖にある世界最北限のサンゴが危機に陥っているそうです。
これは環境省の調査でわかったもの。
環境省は今年2月から3月にかけ、地元ダイバーらと協力してサンゴの調査を実施。
調査は全6地点で行われ、この内5地点では85~95%のサンゴが死滅していたそうです。
また、死滅していないサンゴについても90%以上が白化。
昨年12月の調査では白化したサンゴは5%だけだったそうで、この冬で急速に白化が進んだと見られるとのこと。
環境省では今後定点観測を行い経緯を見守る方針。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

温暖化じゃなくて寒かったからだった気がする
Posted by t at 2018年04月19日 17:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。