沖縄で希少カマキリ発見 見つけたのは旅行中の小学生

2018年04月05日


カマキリ。

沖縄県八重山諸島の黒島で希少なカマキリが見つかったそうです。
見つかっったのはウスバカマキリという種類。
ウスバカマキリは絶滅危惧種に指定されているカマキリ。
これまで国内で確認例が少なく、環境省のレッドデータブックには情報不足と記載されているそうです。
今回見つかった黒島ではそもそも生存しているという報告が上がっておらず、これが初の確認となるのだとか。
発見者は沖縄旅行に来ていた小学3年生。
道端に珍しいカマキリが居るのに気づき、調べたところウスバカマキリだったそうです。
この発見は虫の専門誌に新たな生存確認事例として掲載されたとのこと。
私も珍しいものを珍しいで終わらせず、ちゃんと調べたというのが今回の発見に繋がったんでしょうね。
素晴らしいと思います。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

なにこのサイト
しょぼ
Posted by い at 2018年04月06日 18:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。