パナソニックノートPC117万台リコール バッテリーから発火の恐れ

2018年03月28日


ノートPC。

パナソニックがノートパソコンのリコールを行うそうです。
今回リコールの原因となったのは搭載されたバッテリーパック。
このバッテリーパックが劣化をすると白化する可能性があることがわかったのだとか。
リコールの対象となるのは2011年から2018年にかけて販売されたノートPC各種。
総台数は110万台を超えるとのこと。
今回のリコールでは発火を回避するプログラムをインターネット上で配布。
バッテリーパックそのものの交換は行わず、ソフトのみで対応する予定とのこと。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。