ソフトバンク川崎、退団。現役引退へ

2018年03月26日


今の心境。

26日、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則選手の退団が発表されました。
川崎選手は福岡ソフトバンクホークスに在籍していた日本を代表する内野手の一人。
99年にドラフト4位で当時の福岡ダイエーホークスに指名され入団。
その後、2003年に頭角を現すとその後は球団の中心選手として活躍。
熱いプレーに加え、持ち前のキャラクターでもファンを魅了してきました。
2012年には憧れのイチロー選手を追いかけメジャーに挑戦。
5年間で3球団を渡り歩き、特にトロント・ブルージェイズ時代には地元のファンから絶大な人気を誇りました。
昨年はメジャーから日本球界に復帰。
主に二塁手として出場し、チームの日本一奪還に大きく貢献してくれました。
今回の退団について川崎選手は自身が今故障や病気の影響で現在野球をプレーできる状態にないことを告白。
球団側も強く引き止めたものの、本人の意思を尊重する形で自由契約とすることに決めたのだそうです。
川崎選手は現時点で他球団でのプレーの意思がないことから事実上の現役引退となります。
球団は今後も川崎選手とコミュニケーションを続け、いずれ野球界に戻ってこれるよう検討していくとのこと。
川崎選手は私も大好きな選手です。
年明けあたりからもしかしたらと覚悟はしていましたが、いざこうして聞くとやはりショックですね。
まずは早く体調が良くなることを願っています。
また元気な川崎選手の姿を見れる日が来るのを楽しみにしています。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

自律神経の異常と書いてある新聞もあったけど、急な話で驚いた。
スポーツ選手は色々無理をしてるだろうから、ある日どっと来るのかもね・・・
ゆっくり休んで、またあの元気な姿を見たいですね
Posted by しばそば at 2018年03月28日 15:31
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。