住人なし、道路だけの町が存在するという話

2018年03月07日


どんぐり。

世の中には住人が一人もおらず、道路だけの町が存在するそうです。
これは京都市にある桑原町という町。
桑原町は広さわずか数十m。
京都御所に面する道路の一部が町として指定されているそうです。
町には道路しか無いため、当然住人もなし。
京都市の歴史資料館にある資料によると、桑原町の名の由来はそこにあった館に由来するそうで、かつてここに桑原さんが住んでいたと見られるとのこと。
世の中には不思議な場所があるものですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。