阿波踊り累積赤字4億円 市観光協会が破産へ

2018年03月04日


阿波踊り。

阿波踊りを主催してきた市観光協会が破産手続きを申し立てたそうです。
阿波踊りは言わずと知れた徳島の名物。
これまで市観光協会が毎年8月に阿波踊りイベントを主催してきました。
しかし同協会は2日、財政難を理由に破産手続きを地裁に申し立てたそうです。
同協会によると、今年度までの阿波踊りによる累積赤字はなんと4億円超に到達。
これまでは市が借金を肩代わりする契約となっていましたが、市は新年度からはこれを更新しないことを通告。
補助金2200万円も打ち切られ、存続が困難になったそうです。
今年の阿波踊りについては市が主導で運営体制を整えるとしており、阿波踊りについては影響がないとのこと。
この流れだと今後は市が主導で運営していく形になるのでしょうか。
慢性的な赤字体質が改善され、継続性のある事業に生まれ変わるといいですね。


Posted by 架空の姉 at 22:42│Comments(1)
この記事へのコメント

あそこはトップが新聞社やら街の企業やらとズブズブに癒着仕切ってて、お陰で赤字体制から抜けきれてない。
一度解体しないとなんとも…
Posted by LIT at 2018年03月05日 07:45
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。