侍J、豪州代表に勝利 6投手が完封リレー

2018年03月03日


次女。

3日、野球日本代表侍ジャパンとオーストラリア代表の試合で侍Jが白星を飾りました。
この試合は稲葉監督にとってはじめてのフルメンバーでの試合。
先発には我らが福岡ソフトバンクホークスの千賀投手が登板。
2回を投げ6者連続三振という完璧な立ち上がりで試合の主導権を握ります。
その後、今永投手(De)、東浜投手(SB)、田島投手(中)、岩嵜投手(SB)、山崎投手(De)と計6投手が完封リレーを披露。
豪州打線に付け入る隙きを与えませんでした。
一方の打撃は豪州先発のブラックリー投手を打ち崩せず苦しい展開。
しかしブラックリー投手が5回で降板すると直後の6回に柳田選手、筒香選手の連続適時打で2点を先制。
結局これが決勝点となり、2-0で侍Jが勝利を飾りました。
日本の強みである投手力の高さが披露された素晴らしい試合でした。
明日4日も試合があるので、2連勝を期待しています。



Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

快調な滑り出し!
次も勝って勢いつけていきたいですね。
Posted by LIT at 2018年03月04日 10:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。