新インフル治療薬承認。1回飲むだけでOK

2018年02月23日


ドラゴン。

新しいインフルエンザ治療薬が登場するそうです。
これは23日に厚生労働省が認可したもの。
認可されたのは塩野義製薬が開発した「ゾフルーザ」という薬。
A・B型のインフルエンザ患者に対し効果がある薬で、1回錠剤をのむだけでOK。
同じ飲み薬であるタミフルと比べ利便性が向上しています。
治療のメカニズムも現在主流のタミフルやリレンザと異なり、ウイルスの繁殖を抑える働きがあるとかないとか。
また、現在流通している薬に耐性を持つウイルスにも効果が期待できるそうです。
塩野義製薬は今年5月の販売開始を目指しているとのこと。
1回飲めばいいのであれば飲み忘れもなく、大変便利ですね。
インフルエンザ治療の主流になることを期待したいです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

医学の進歩だなぁ。
こういう開発はもっと進んでほしい
Posted by LIT at 2018年02月24日 07:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。