架空在宅ワーク被害相次ぐ 被害総額4000万円超

2018年02月19日


いらな。

架空の在宅ワークを餌に金銭をだまし取る手口の被害が相次いでいるそうです。
これは消費者庁が注意を呼びかけているもの。
被害が確認されているのは「在宅でキャッチコピーを考える仕事」などとして希望者を募っている会社2社。
この仕事に応募をすると、自分のWEBページを持つように勧められ、初期費用として最高で260万円を支払わされるのだとか。
同庁によると、これらの会社には経営実態はなく、被害総額はわかっているだけで4400万円。
消費者生活センターにはこの件に関する相談が相次いでおり、注意を呼びかけているとのこと。
私も日々朝起きて夜寝る在宅ワークで多忙な日々を送っていますが、甘い話なんて無いのが現実です。
本当、どこかにお仕事が落ちていればいいなと常々思っているのですが……。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

架空の仕事があらわれた!ですか・・・
楽して稼ぐ手段はないってことですな
Posted by しばそば at 2018年02月20日 18:49

いらない子は、いる子だよ!
言葉巧みに初期投資を払わされて、騙されたと気づいたときには業者は消えてるんでしょうね。
うまい話には裏がある、と。
Posted by at by at 2018年02月20日 22:30
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。