岡山、バス赤字31路線一斉廃止か

2018年02月08日


バス。

岡山でバス31路線が一斉廃止になるおそれがあるそうです。
これは8日、岡山県でバス事業を営む両備グループが発表した物。
同グループは現在岡山県内で78の路線を営業。
この内31路線が赤字で、これらすべてを一斉廃止にする届け出を国土交通省に行ったそうです。
廃止のおそれがあるのは述べ113.8kmの区間で、営業距離の22%にあたるのだとか。
ことの発端は他のバス会社が同グループが運行している黒字路線への参入を計画し、それを国が認める方針となったこと。
同グループが赤字路線の損失を黒字路線で補っているのに対し、他社が赤字路線をかかえず黒字路線にのみ参入するとなれば公平ではないため、実力行使での抗議ということのようです。
仮にこのまま31もの路線が廃止になれば、地域住民への影響は避けられない模様。
同グループでは国や自治体、住民らを交えた協議の場の設置を訴えているとのこと。
これまで赤字路線を維持し続けてきた同グループからすると、公平でないと感じるのは当然の心境でしょうね。
なんとか穏便に解決することを期待したいです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

ああ、それはちょっとずるい。
最強の後出しじゃんけん
Posted by しばそば at 2018年02月09日 12:48

>>1
商売として見るなら間違っていないのでしょうが、バスを公共交通機関の1つと位置づけるのであれば、何かしらのルールは必要でしょうね
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年02月10日 10:33
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。