東京の花粉飛散量昨年の2倍、ピーク期間も20日長く

2018年01月16日


木。

今年は花粉のピーク期間が昨年よりもだいぶ長くなるようです。
これは日本気象協会が発表したもの。
それによると、東京のスギ花粉のピークは3月上旬から4月上旬。
これは昨年より20日ほど長くなるのだとか。
飛散量も昨年の倍以上と予測されており、早めの対策が必要とか必要じゃないとか。
これだけ多くの人が苦しみ続けているのに杉が一向に減らないのはひょっとすると何かの陰謀なのではないでしょうか。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

たしかに毎年の報道で倍になっている。毎年数本でもいいからスギを別の木に植え替えればいいのにね。
Posted by 再来年には今年の4倍 at 2018年01月17日 21:11

>>1
花粉対策もそうですが、生物多様性の面でも広葉樹の植樹は是非検討してもらいたいですね
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年01月21日 13:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。