タイガー魔法瓶、本物証明シールを導入へ

2018年01月11日


クリーム。

タイガー魔法瓶が自社製品に本物を証明するシールをつけるそうです。
これは主に中国で販売する製品に対するもの。
なんでも、タイガー魔法瓶などが販売するステンレスボトルは中国で人気があるそうで、コピー商品が出回っている状況。
今回のシールはそれへの対策となるそうです。
シールにはQRコードが印刷してあり、それを読み込むことで偽物の判別が可能。
また、同じQRコードが複数回読み込まれた場合、注意をうながすメッセージが表示されるそうです。
世の中には偽造に魂をかけているような人たちもいますし、その内シールも偽造されないか心配ですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

コピー商品被害の減少効果があれば、ブランド品などでも活用できそうですね。
Posted by 実在の弟 at 2018年01月12日 13:20

>>1
ブランド力の強化は日本メーカーの弱点でもあるので、そこも含めて期待したいところですね。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年01月12日 21:08
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。