京浜東北線で架線断線 復旧に7時間

2017年12月16日


落下するあれ。

16日、JR京浜東北線で架線が切断するトラブルが発生したそうです。
トラブルがあったのは16日11時前。
京浜東北線の鶴見-川崎駅間で架線が断線したそうです。
原因は16日未明に実施した架線の位置調整時の施工ミス。
これにより、電車の振動で本来触れてははいけない金具が架線に触れてショート。
断線に繋がったそうです。
この事故の影響で、京浜東北線は大宮-大船駅間での運転を中止。
また、他のJR線でも一時運転見合わせが発生したそうです。
完全復旧したのは7時間後の17時40分。
この間、92本の運休、214本の遅延が発生し、22万人の乗客に影響が出たとのこと。
起きてしまったことはしょうがないですし、今後再発防止を期待したいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:51│Comments(1)
この記事へのコメント

ボッシュート!!
Posted by プルシア at 2017年12月17日 12:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。