フリーテル倒産 民事再生法申請へ

2017年12月04日


うかがう子。

4日、フリーテルを運営するプラスワン・マーケティングが民事再生法の適用を申請したそうです。
プラスワン・マーケティングはフリーテルのブランドでスマートフォンの製造販売を行う企業。
先日までMVNOとして通信事業も行っていましたが、こちらの事業は楽天に既に売却されています。
同社はいわゆる格安スマホを主力とし、自社の回線ユーザはもちろん他社向けにも端末を供給してきました。
しかし経営にあたり資金繰りが悪化。
通信事業売却後も歯止めはかからず、今回民事再生法の申請に至ったそうです。
負債は約26億円で、今後は再建を目指すとのこと。
これを機に増えすぎたMVNO業者が一度整理されるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

ひー
うしろうしろー

MVNOも結局資本のある大手に吸収されてくだろうね・・・
Posted by しばそば at 2017年12月05日 04:35

>>1
MVNOは需要に対し明らかに数が多すぎるので淘汰は避けられないでしょうね。
OCNやIIJなどの先行したところは強そうです。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2017年12月09日 10:48
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。