ボイジャー1号エンジン、37年ぶりに噴射

2017年12月03日


戸惑う子。

NASAの無人探査機ボイジャー1号のエンジンが37年ぶりに噴射されたそうです。
これは今月1日にNASAが実施したもの。
ボイジャー1号は1977年に打ち上げられた無人探査機。
2012年に人工物としてはじめて太陽圏を離脱し、現在は地球から200億km離れた場所を飛行中。
現在も毎日欠かさずデータが送られてきているそうです。
今回、姿勢の微調整のために休眠状態にあったエンジンの噴射が必要になる事が判明。
これらのエンジンを噴射するのは1980年以来実に37年ぶりのこと。
噴射は無事成功し、これによって探査機の寿命を2~3年伸ばすことができるのだとか。
果たしてどこまで行けるのか楽しみですね。


Posted by 架空の姉 at 23:56│Comments(2)
この記事へのコメント

確か最速の人工物だっけ。太陽との相対速度が秒速17㎞だとか。
Posted by しばそば at 2017年12月05日 04:40

>>1
ボイジャー1号が打ち上げられたのが1970年台というのだから中々大したものです。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2017年12月09日 10:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。