青い菊、ついに開発に成功

2017年11月25日


うーん。

ついに青い菊の開発に成功したそうです。
この菊は農業食品産業技術総合研究所とサントリーの共同研究によって生まれたもの。
サントリーは以前にも青いバラを作り出し、話題を呼びました。
薔薇のときと同様、菊は本来青い色素を持っておらず、自然界には黄色や白、桃色などが一般的。
青い菊は他の植物から青色の色素を作る遺伝子を人工的に組み込まれて作られました。
研究は2001年からスタートし、今年ようやく論文で成果発表を出来るレベルまでこぎつけたそうです。
研究チームでは交雑を避けるため花粉や種子が出来ない品種を開発し、商品化を目指すとのこと。
以前発表された青いバラは正直なところ紫色でしたが、今回の菊は紛れもなく青。凄い完成度ですね。
商品化までいければかなり話題を呼びそうな気がします。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。