福岡ソフトバンクホークス2年ぶり日本一

2017年11月05日


やったね。

改めまして、プロ野球日本シリーズで福岡ソフトバンクホークスが見事日本一に輝きました。
3勝2敗で迎えたホークスと横浜DeNAベイスターズとの第6戦。
ホークス先発は当初予定していた千賀投手のコンディション不良があり東浜投手を起用。
試合は2回裏にホークスは松田選手のシリーズ第1号本塁打で先制。
しかし5回表に東浜がベイスターズ白崎選手に被弾すると、この回3点を失い劣勢に。
ベイスターズ先発今永投手の好投も光り、7回を終わって3-1と劣勢に追い込まれます。
ホークスは8回に相手の守備のミスもあって1点を返し1点ビハインドで9回裏を迎えます。
マウンドにはベイスターズ抑えの切り札山崎康晃投手。
1アウトを取られ絶体絶命の窮地に意地を見せたのはホークス四番内川選手。
内川選手が山崎投手の投げた3球目を振り抜くと打球はスタンドへ。
ホークスは土壇場に飛び出した主砲の同点本塁打でゲームを振り出しに戻し、試合は延長戦に突入します。
9回表からマウントを引き継いだホークスの抑えサファテ投手はキャリア初となる3イニング跨ぎでチームを鼓舞。
すると11回裏、四球などでチャンスを作り最後は川島選手のライト前ヒットでサヨナラ勝ち。
シーズン最後の試合にふさわしい劇的な幕切れとなりました。
最後は祈るような気持ちで見ていましたが、本当に勝ててよかったです。
本当に素晴らしい試合でした。



Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

本当に劇的だった、、、、
横浜が優勝してもおかしくないシリーズだったから尚更だなぁ
Posted by うら at 2017年11月06日 07:56

>>1
ベイスターズ強かったですね。
1戦目以外は全部負けていてもおかしくない試合でした。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2017年11月07日 01:03
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。