クフ王ピラミッド内部に謎の巨大空間発見

2017年11月03日


ピラミッド。

エジプトにあるクフ王のピラミッド内部に謎の巨大空間があることがわかったそうです。
これを発見したのは名古屋大学などが参加する国際研究チーム。
それによると、研究チームは宇宙から飛来するμ粒子を使ってピラミッド内部を調査。
その結果、これまでわかっていた第かろうと呼ばれる50mの通路の上に未知の空間があることがわかったそうです。
空間は全長30mほどにもなる巨大なもので、大回廊に匹敵する規模の可能性があるとかなんとか。
この空間は隠された王の埋葬室である可能性もあるとかないとか。
とはいえ、この空間の調査のためにピラミッドを壊すわけにも行かないでしょうから、真実は闇の中ということで落ち着くかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(4)
この記事へのコメント

ミューオンってそんなことにも使えるのか
Posted by うら at 2017年11月04日 10:46

宇宙エネルギーを使ってピラミッドを調査だなんて、神秘的というかSFというかオカルトというか。
Posted by at by at 2017年11月04日 19:35

ニュートリノピンガーに感!!
Posted by 幻想の甥っ子 at 2017年11月05日 02:46

>>1
私も全身からμ粒子が出せれば色々透視とかしてお金稼ぎ放題なのですが……。

>>2
科学とオカルトは紙一重なのかもしれませんね。

>>3
無限の……?
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2017年11月07日 01:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。