独身男性のメタボ率、既婚者の2倍

2017年10月07日


めたぼ。

独身男性は既婚者の男性と比べてメタボリック症候群の割合が高いそうです。
これは東京慈恵医大らの研究グループの調査でわかったもの。
調査では40代男性約2100人を対象に実施。
その結果、既婚者でメタボリック症候群の男性の割合が11%であるのに対し、独身は2倍の23%という結果になったそうです。
また、メタボリック症候群予備群の人の割合は既婚者と独身で大差はありませんが、例外として既婚の内単身赴任の人は予備群の人が最多という結果もあるとかなんとか。
メタボだから結婚できないのか、独身だからメタボになりやすいのか……どちらが先なのでしょうか。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

家庭内でのストレスで痩せている可能性が
Posted by 梅茶漬け at 2017年10月08日 03:48

単純に独身の方が食うのに回せる金が多いからのような気がする。
収入とか他の要因でも比較してみたいですな。
Posted by 見習い at 2017年10月08日 12:08

独り身だと自分にルーズになれますからね。
身近に律してくれる何かがないと、人はどこまでも堕落していける。
Posted by at by at 2017年10月08日 23:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。