人名漢字に「渾」が加入 2999文字に

2017年09月25日


次女。

人名漢字に新しく「渾」の字が追加されたそうです。
これは25日に法務省が戸籍法施行規程を改定したもの。
ことの発端は昨年9月に「渾」の字を使った子供の名前の出生届が出されたこと。
人名漢字でないことから自治体が受理しなかったところ、両親は家庭裁判所に不服申立てを実施。
その結果、今年1月に「渾」の字が常用漢字であるとして受理するよう判決が出たのだとか。
高等裁判所も抗告を棄却し、判決が確定。
これを受け、「渾」が人名漢字に仲間入りしたのだそうです。
これにより、人名用漢字は2999字に増加。
次に同じようにきわどい字が裁判にかけられると記念すべき3000字目が追加されるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 22:22│Comments(1)
この記事へのコメント

ふんどし!
Posted by    at 2017年09月26日 15:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。