恐竜の卵、色付きだった

2017年09月20日


恐竜のヒナ。

恐竜の卵の化石から色が付いていたと見られるものが見つかったそうです。
この化石は中国で見つかったビラプトルという羽毛恐竜の卵。
研究チームは通常化石が黒や茶色になるのに対し、この卵の化石が青みがかっていることに着目。
卵の化石を分析したところ、青緑色の色素が検出されたそうです。
恐竜が色付きの卵を産んでいたのがわかったのはこれがはじめて。
現在鳥類の中に色付きの卵を生む種類がいますが、その習性は恐竜から受け継いだと考えられるとか何とか。
研究チームでは更に色だけではなく模様や斑点のついた化石が無いか調査を進めているとのこと。
恐竜の中にはカラフルな羽毛を身にまとっていたものもいるという話ですし、かなりカラフルな世界だったのかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:38│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。