外来ナメクジ、北海道で猛威

2017年09月11日


ナメクジ。

今、外来種のナメクジが北海道で大繁殖しているそうです。
噂のナメクジは一部ではそれなりに有名になりつつあるマダラコウラナメクジ。
マダラコウラナメクジは北欧が原産の大型のナメクジ。
体長は大きいもので20cmにもなるのだとか。
日本では2006年に茨城県ではじめて確認され、その後各地で報告が相次いでいます。
北海道では2012年にはじめて見つかり、その後も報告が相次いだことから今回北海道大学らが調査に乗り出したそうです。
この調査の結果、道内のマダラコウラナメクジの生息範囲は12年にはじめて見つかった地点から130km先まで拡大していることがわかったそうです。
このまま繁殖が続くと農作物への被害が懸念されており、注意が必要とのこと。
20cmのナメクジともなると、苦手な人にとってはかなりのものですね。
何とかいい対策があるといいのですが。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。