大文字焼き、LED照明化 火を使わない安全設計に

2017年08月20日


山。

この時期恒例の大文字焼きがLED照明化しているそうです。
LED大文字焼きが行われたのは山梨県笛吹市の「甲斐いちのみや大文字焼き」。
昨年までは白熱電球と松明を使って大の字を灯していたそうです。
しかし山の斜面の安全性が確保できないことやコストの問題から今年からLED照明に切り替え。
火を使わない大文字焼きが披露されたそうです。
来年以降も火を使う予定はなく、LEDでの実施を想定しているとのこと。
個人的には安全でいいと思いますが、風情がないと感じる人もいるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

ランタンではいかんのだろか
Posted by 興 at 2017年08月21日 13:30

京都ほど若いのが参加する環境にないのならしょうがないかなとも思う。
この山梨の大文字焼は送り火なのか、ただの観光行事なのかにもよるけど
送り火ならこの行事に関わる寺ぐらいは火を焚いていてくれればと願います…
Posted by しばそば at 2017年08月21日 19:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。