沖縄で新種「忍者ハゼ」発見

2017年08月10日


さかな。

沖縄で新種のハゼが発見されたそうです。
このハゼはエソハゼというハゼの仲間。
これまで沖縄には2種類のエソハゼが生息されているとされていましたが、研究はあまり進んでいませんでした。
このハゼについて研究者が海外の標本と比較をしたところ、特徴が異なることを発見。
今まで認識していたのとは異なる新種であることがわかったそうです。
学名には「スキスマトゴビウス・ニンジャ」と命名。
ニンジャ(忍者)は川底の砂利などに隠れる習性から名づけられたそうです。
発見した研究者は今後も生体や身体の特徴について詳しく調べていくとのこと。
同種だと思いこんでいたけど実は新種だったパターンは調べればまだありそうですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

カクレマンボウといいニンジャブーム?
Posted by モットイタミヲ at 2017年08月15日 00:05
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。