バッテリー発火事故急増 過去5年で274件

2017年07月27日


たかにゃさん。

近年バッテリーが発火する事故が急増しているそうです。
事故が起きているのは主にスマートフォンなどに搭載されるリチウムイオン電池。
充電時の異常発熱からの発火などが目立っているそうです。
事故件数は2016年までの過去5年間で274件。
この内19件はけが人も出ているのだとか。
この事故の内3割はリコール対象製品によるもの。
製品評価を行う団体では異常発熱やバッテリーの膨張が起きた際はすぐに使用を中止するよう呼びかけているとのこと。
次世代バッテリーの登場まではまだ時間がかかりそうですし、当面は上手く付き合っていくしかないですね。


Posted by 架空の姉 at 23:44│Comments(1)
この記事へのコメント

ウチのノートパソコンの電池がとうとう充電してくれなくなった。
こういうのって処分の方法に悩むんだよね
Posted by しばそば at 2017年07月28日 13:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。