アラスカ森林地帯に砂漠 温暖化で凍土融解か

2017年07月17日


い。

アラスカの森林地帯に砂漠が出現しているそうです。
アラスカと言えば北極のすぐそばの極寒の地。
オーロラなどでも有名です。
そんな感じアラスカで砂漠が、それも森林地帯の中に出現しているのだとか。
この砂漠は元々凍土たったと見られており、地球温暖化によって融解。
当初は池などになっていたそうです。
しかし徐々に水分が蒸発したり、水が抜けるにつれ土が乾燥。
結果、乾燥した砂が砂漠のようになったのだとか。
専門家によると、今後地球温暖化が進むとこのような現象が他の場所でも起こる恐れがあるとかないとか。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。


Posted by 架空の姉 at 23:35│Comments(4)
この記事へのコメント

いる子きたー
シベリアも凍土帯が湿地帯になり始めてるとかいうし
その湿地帯もいずれは砂漠化するのだろうか・・・
Posted by しばそば at 2017年07月18日 00:48

温暖化はアラスカを荒らすか…
Posted by みかん at 2017年07月18日 11:19

やったー!温暖化したら日本は熱帯になるから、
庭でバナナとかマンゴーとか栽培するんだ♪
Posted by 名無し at 2017年07月18日 16:00

いらない子は、いる子だよ!
凍土が溶けて緑化するならまだしも砂漠化とは、文字通り不毛ですね。
Posted by at by at 2017年07月20日 23:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。