犬山城のシャチホコ、折れる

2017年07月13日


うさ。

犬山城で屋根についているシャチホコが破損してしまったそうです。
犬山城は愛知県犬山市にある国宝。
天守閣最上部には左右にシャチホコの飾りが付けられています。
今回破損したのはこのシャチホコ内の北側の1匹。
ドローンを使った調査の結果、尾や胴体、顔などほぼ全体が破損していることがわかったそうです。
シャチホコは12日にあった豪雨時の落雷が直撃した可能性があるのだとか。
市では今後文化庁と修復方法などについて協議していくとのこと。
冷静になって見直すと誘雷針的な役割をしてもおかしくないですね。
どうにせよまずは修復がうまくいくことを祈るばかりです。


Posted by 架空の姉 at 23:21│Comments(2)
この記事へのコメント

>うさ。
にゃんだか 電気鼠に見える…(気の所為気の所為…)

シャチホコが破損?!
あぁ もう尾張だぁ(ギャグセンス0)

>ドローンを使った調査の結果、尾や胴体、顔などほぼ全体が破損していることがわかったそうです。
こう言うドローンの有効利用はイイネ!(+1)

落雷でこんなにも破損するなんて…
近くに避雷針が無かったのか 有っても効果がなかったのか…

>修復がうまくいくことを祈るばかりです。
修復費用とか期間とかも気に成りますが
某修復後みたいに 妙な物にならない様に
もう1匹のシャチホコの気持ちになって直してあげて下さい♪
Posted by ねねまこ at 2017年07月14日 00:30

確かこのしゃちほこのすぐ近くに避雷針が立っていたので
そこに落ちたのではないかとも言われてますね。

ねねまこ氏>
避雷針とは避雷針そのものに雷を落とさせるためのものです。
人に雷が落ちるのを避けるための”避”なのです。
なので充分効果があった、と。
Posted by しばそば at 2017年07月14日 00:52
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。