1kgの定義見直し 来年にも新定義採択へ

2017年07月09日


次女。

重さの単位として広く使われている「kg」。
このkgの基準が更新される見通しだそうです。
現在1kgの定義はプラチナとイリジウムの合金でできた国際キログラム原器が基準であると定義されています。
しかし原器は時間の経過とともに僅かながら質量が変化してしまいます。
実際にkg原器は質量のズレが確認されており、これを受けて2011年にキログラムの再定義が決定していました。
それから時はたち、いよいよ2018年に新定義が採択される運びとなっているそうです。
新しい定義では原器は用いず、概念での定義になる事がほぼ確実。
現状では電磁力を使った定義が有力視されているのだとか。
ちなみに、2011年にこのBlogでもキログラムの定義が更新されるというニュースを取り上げています。
あれから6年……いやはや時が経つのははやいものです。
個人的には時間の定義も一度見直したほうがいいと思います。


Posted by 架空の姉 at 00:00│Comments(4)
この記事へのコメント

世の中には ヤード・ポンドを基準に使っている国がありましてね…(苦笑)
これは しつりょーのへんか でイイのだろうか?(個人的な疑問)
ちきうの自転速度が落ちて来ているからとかの方が納得いくのん…

長さ(1m)もそうですけれど 時と共に厳密なのか新基準なのか
よくわからない物に変化していくんですね~(他人事感)

>個人的には時間の定義も一度見直したほうがいいと思います。
定義は変わっていませんが
ちきうの自転速度が少しずつ遅くなっているのは事実にゃので
昔の研究だと ちきう誕生時には 今の時間計測法で3時間くらいしかなかったとか…
10万年に1秒くらい伸びていって今の24時間に って事を聞いた事があるます(杜撰記憶)
近年だと数年に1度閏秒とかあるから アレコレ危機的状況かもしれないですです

>次女。
謎(?)の笑顔とは別に なかなか物騒な物をお持ちで…
(ギャグ漫画かな?)
今の次女の重さは 10t+xkgと言うことですね?
(※体重とは言っていない)
Posted by ねねまこ at 2017年07月09日 05:43

閏秒は面倒だから無くしてほしいなぁ。

どのみち時差があるんだから、地球の自転に時刻を合わせてもしょうがない。
Posted by 見習い at 2017年07月09日 09:26

ちなみに次の時間の基準の有力候補は日本の技術ですよ。
/www.jst.go.jp/pr/announce/20160816/
スペインとかブラジル辺りの時間感覚の方が個人的には気が楽で好きですが。
Posted by 猫じゃらしの毛 at 2017年07月09日 19:33

>>3
勉強になります
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2017年07月09日 22:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。