ヒアリ、全国各地で確認 東京港でも100匹超

2017年07月08日


アリちゃん。

全国各地の港でヒアリが確認され大きな話題となっています。
ヒアリは南米原産のアリの仲間。
猛毒を持つことで知られており、最悪の場合死に至ることもあるのだとか。
ヒアリは繁殖力も強く、侵略的外来種として世界的に猛威を奮っており日本においては水際対策が実施されています。
ヒアリは5月に神戸港で確認されて以来、全国の港で発見が相次いでいます。
東京港で100匹以上のヒアリが確認された他、大阪市の南港では女王アリも見つかったそうです。
幸い今のところ国内での定着は確認されておらず、今後も水際での対策が重要になってくると思われます。
一度定着してしまったら駆除は難しいでしょうし、何とか食い止めてもらいたいものです。


Posted by 架空の姉 at 00:00│Comments(3)
この記事へのコメント

>ヒアリは南米原産のアリの仲間。
不思議な事に 発見されるのは 中華人民共和国のコンテナからなんですよね(今の所は の話)
不思議な事もあるもんだー(棒読み)

一部(ウェブ上)で言われているみたいに
港周辺の蟻を(在来種を含めて)殲滅する方がイイのかもしれない…
ヒアリばかり有名になっていますが
アカカミアリ(微毒)も忘れないであげてくだちぃ(充分に脅威)
Posted by ねねまこ at 2017年07月08日 00:16

動物園のアリクイ使おう
Posted by   at 2017年07月08日 01:14

>   さん
アリクイは…シロアリしか食べないんですにょ
(シロアリは 分類上ゴキブリに近い種類な上に外殻がほぼ無く柔らかい)
しかも 野生の生存性質上(シロアリの)蟻塚の1~2割も食べないらしい…
つまり 名前とは違って(?)役に立たない子(?)に成るのん
Posted by ねねまこ(再) at 2017年07月09日 05:35
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。