朝食抜きいいことなし 学力低下、冷え性など

2017年06月11日


ごはんwithたまご。

朝食を抜くと健康に様々な悪影響があるそうです。
文科省が中学生を対象に行った調査によると、朝食を食べていない学生の学力は毎日食べる学生と比べ2~3割低下。
小学生を対象に行なった体力テストでも朝食を食べる学生の方が優秀な成績だったそうです。
また、冷え性に対する調査でも朝食を食べない冷え性の人の割合は食べる人の2倍の大差なのだとか。
近年になり朝食の重要性は周知されているものの、朝食を食べる人の割合は横ばい。
特に若年層については30代男性、20代女性の4人に1人が朝食を食べていないとのこと。
どういうわけか日本では朝食は軽めという風潮が強いですが、まずそのあたりの意識改革からスタートする必要があるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

>>朝食を食べていない学生の学力は毎日食べる学生と比べ2~3割低下。
→「なので朝食を食べないと学力が低下します」ってのも安易な…。
Posted by 偽姫路城 at 2017年06月12日 00:55

この手の調査って、原因と結果が逆の可能性をちゃんと排除してあるのかなぁ?
Posted by n\ at 2017年06月12日 02:23

結構前から言われていたけど
(既にコメントにも有る様に)同じ人物(調査対象)に
逆の事をするとか 何回か調べ続けないと 正確な調査には成らないよね

某番組とかの(自称)検証とかでも 突っ込み所が多すぎて
もっと対象人数・性別分け・年齢別をやらないと意味が無いって
理解してないからね(頭の悪いスタッフたちじゃ)仕方ないね

>ごはんwithたまご。
おーなーかーすーいーたー(AAry
……白身の姿が見当たらない様な気がします
それと醤油(と 出来れば辣油)もほすぃ♪
Posted by ねねまこ at 2017年06月12日 14:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。