自動車燃費表示、現実に近い形式へ

2017年06月04日


三女。

自動車の燃費表示が変更されるそうです。
現在日本では自動車の燃費測定に独自の試験方法を採用中。
この方式は実用燃費とかけ離れた数値になるケースが多く、混乱を招いていました。
これを受け、政府は2018年10月より燃費の表示を国際基準にそった形式に変更。
新方式では市街地、郊外、高速道路でそれぞれ燃費を測定。
従来の燃費表示に比べると数値は落ちるものの、実用に近い値になるのだとか。
新方式が最初に適用されるのはマツダのSUVになりそうとのこと。
これで実用に近い燃費が出てくるようになると車も選びやすくなりそうですね。


Posted by 架空の姉 at 00:00│Comments(1)
この記事へのコメント

>燃費の表示を国際基準にそった形式に変更。
国際基準とかあったのかー しらなかったー(棒読み)
今までの(日本の)方式が 色々な前提条件(意外と酷い内容)で計測してたからね~仕方ないね

またどこかで 独自の計測してました(てへぺろ~)とか言って
それ以上の性能・効率でした~とか やらかして欲しいw

>三女。
涼しそうな格好♪
そろそろ volksで受注生産 とか待っているのですが…
Posted by ねねまこ at 2017年06月04日 06:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。