抹茶の定義改定へ

2017年05月31日


抹茶仕様。

抹茶の定義が改定されるそうです。
これは業界団体「日本茶業中央会」が発表した物。
現在海外では日本食がブームで、抹茶も広い支持を集めています。
しかし海外ではいわゆる抹茶とは異なるものを抹茶と称して販売されるケースも多いのだとか。
これを受け、同単体では抹茶のブランド力維持向上のため抹茶の定義の見直しを行うことにしたのだとか。
最終的には国際標準化機構(ISO)へ登録し標準化を図っていくとのこと。
抹茶は光を遮って育てられるそうですが、まるで私みたいですね。
これからは抹茶風イラストレーターを名乗っていこうかと思います。


Posted by 架空の姉 at 03:38│Comments(2)
この記事へのコメント

ただの粉茶を抹茶と思っている人も多いそうですね。
Posted by 実在の弟 at 2017年05月31日 21:29

実際に飲んだ事が無いと知らなさそう…
抹茶 ≠ 粉末茶
ですよね~
馬見(五時)が全然違う ついで(?)に 価格ももっそい違う
あ~ウチは 安いので充分です

>抹茶は光を遮って育てられるそうですが、まるで私みたいですね。
>これからは抹茶風イラストレーターを名乗っていこうかと思います。
それは 大豆のすぷらうとでは ないかと…(ややぼかした表現)
だいじょぶです 見た目異常(五時)の事が出来ればおkおk♪

>抹茶仕様。
何やらどこかで見た事があr
こんな時間に来客かよぉ…
Posted by ねねまこ at 2017年05月31日 22:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。