調理実習で食中毒14人 スイセンを誤食か

2017年05月16日


ニラ。

長野県にある高等専修学校で集団食中毒が発生したそうです。
事件が起きたのは16日、長野県長野市にある高等専修学校。
調理実習の料理を食べた生徒や教師が次々と嘔吐や吐き気などの症状を訴えたそうです。
結局教師3名、生徒11名が病院に搬送。
幸い、いずれも命に別状はなかったとのこと。
この食中毒の原因として考えられているのはスイセンの誤食。
調理実習では教員が自分でとってきたニラを使ったと話しており、ニラ非常によく似たスイセンを誤って使ってしまった可能性があるとのこと。
スイセンはニラやらノビルやら食べられる野草に似ていて中々デンジャラスですね。
皆様もくれぐれもお気をつけください。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

>教員が自分でとってきたニラ(ry
どこから盗って来たんですかね?(五時であって欲しい…)
料が少なかったから 命に別状はなかったみたいですが
量が多かったら 苦しみながら死んじゃうですよ(恐)

>スイセンはニラやらノビルやら食べられる野草に似ていて中々デンジャラスですね。
相当昔から言われてるヤツですよね
実際には 生息域・根っこ等の他の部位を見る・切って見る等しないと
専門的な知識があっても 見た目だけでは分かり難い例ですん

某番組などでも岡本信人さんが 専門的な(ry
と話していたのに…
Posted by ねねまこ at 2017年05月17日 20:30
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。