セルフガソリンスタンド、自作の自動給油許可装置を使った不正が発覚

2017年05月09日


ガソリンスタンド。

セルフ式ガソリンスタンドで、給油許可の工程を自動化する不正があったそうです。
不正が見つかったのは茨城県筑西市にあるガソリンスタンド。
このスタンドでは昨年10月からとある装置を使って不正が行われていたそうです。
通常セルフ式ガソリンスタンドでは客が給油をしようとした際、従業員が手順などに異常がないことを確認し給油許可のボタンを押す必要があります。
しかしこのスタンドでは自作の装置を使い給油許可のボタンを常時押し続け、店員が確認すること無く給油できる状態にしていたそうです。
装置は振り子運動をしてボタンを連打するごく単純なもので、工数削減のために使用してしまったとのこと。
不正はまずいですが、このアイディアをもっと他のことに活かせたら面白い物ができるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

セルフサービス(全て客任せとは言っていない)は 兎に角として…
出費(人件費)削減を考えた挙句不正とか どうしようもないですん
ウチの近所もセルフ式があったのですが
少し前から 夜間は休業にして経費削減とかしてる状態です
(国道沿いなので それなりに来客はある筈なのですが…)

どこぞの動画UPサイトとかでも
セルフ式のGSでのハプニングとかトラブルとかでも
常識外れ恐い! と思わずには居られない物も沢山ありますからね
安全面を優先しないのが悪いのん
Posted by ねねまこ at 2017年05月10日 22:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。