鳥から人に感染する「オウム病」 死に至るケースも

2017年05月08日


オウム。

鳥から人に感染するオウム病なる病気があるそうです。
この病気は主に鳥類の糞を経由して人に感染する病気。
1~2週間潜伏した後、発熱や咳、頭痛などの症状を併発。
場合によっては拝見なども引き起こし、死に至るケースも有るのだとか。
1999年以降、感染者は388人で内死者は8人。
感染源はオウムやインコ、鳩などで、野生の鳩については保菌率が約20%と非常に高く注意が必要とのこと。
鳥自身はなんともないというのがまた不思議ですね。
人間よりも丈夫だったりするのでしょうか。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

(なかなか凶悪な病気で)鳥から直接人に感染するのは 結構珍しいかも
(段階を経て哺乳類に→ヒトにも感染 のケースはインフルエンザを含めて珍しくないけど)

>1~2週間潜伏した後(ry
この潜伏期間が 滅茶苦茶厄介なんですよね
うろ覚えになっていたり そもそも気付いていなかった事も…

>鳥自身はなんともないというのがまた不思議ですね。
結構こう言う事もありますにょろよ?
保有菌とか保菌者とか言う物で 多少増えても悪さまではしない物で
別の種族に移行した場合に発症するので
密林などの未開発地域は 何が原因になるか不明だから
色々気をつけないとね♪と言う内容ですん
(有名所でエボラ出血熱とか…)
Posted by ねねまこ at 2017年05月09日 18:57

>場合によっては拝見なども引き起こし

もしかして:肺炎?
Posted by とおりすがり at 2017年05月09日 20:14

ようするにガソリン車に軽油っこむと壊れるって事です
Posted by ななし at 2017年05月17日 03:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。