ガラス製品が出力できる3Dプリンター、開発に成功

2017年05月06日


クリスタル。

ついにガラスを出力できる3Dプリンターが開発されたそうです。
これはドイツの大学などで作る研究チームが発表した物。
研究チームではまずガラスの主成分であるケイ素の粒子を有機化合物に溶かした液体を製作。
そしてその溶液を光造形方の3Dプリンターでプリント。
最後にこのプリントした物を1300度で加熱すると見事ガラスだけが残るそうです。
この方法で作ったものは細かなひび割れや穴がなく、レンズなどの光学製品の製造にも使える可能性があるとかなんとか。
3Dプリンターはコストと時間を無視すればまさに夢の装置ですね。
我が家にも一台欲しいくらいです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

>クリスタル。
その昔 人間形の真珠を作ると言う漫画があってですね(古すぎるw)

理論的にも分かるけど…1300℃は 万が一の事を考えたら
専用の工房とか色々ないと 消防法とかにも引っかかりそう(杜撰調査)

全国あちこちに プラスティック・金属・ガラスを3Dプリントできる
工場の建設をはよっ!(どの会社が参入するかで色々揉めそう)

ウチは…3Dガラスプリントで あかりちゃん(あっかり~ん)を作ってみたい!
Posted by ねねまこ at 2017年05月07日 21:52

実はデータ渡せば有料で作って送ってくれる企業はけっこうあったり
Posted by ななし at 2017年05月17日 03:33
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。