世界最古のスッポンの化石出土。1億2千年前の地層から

2017年04月24日


スッポン。

世界最古のスッポンの化石が見つかったそうです。
化石が見つかったのは福井県勝山市にある1億2千年前の地層。
化石は1989年から2010年に賭けて行われた化石発掘調査で出土。
この亀と思われる甲羅や上腕骨、骨盤などを調査した結果、スッポンであることがわかったそうです。
化石はこれまでもっと古いとされていた中国のものを更新し、世界最古に。
この結果から、1億年以上もの間スッポンがほとんど姿を変えずに生き延びてきたことが改めて確認されたとのこと。
タイムマシンが開発された暁には1億年前のスッポンと今のスッポンで何が違うのか比較をしてみたいものです。


Posted by 架空の姉 at 23:44│Comments(3)
この記事へのコメント

>化石はこれまでもっと古いと(ry
きっと『最も古いと(ry』と書きたかった物だと推測(名推理)

スッポンって かなり古い記述からも有るように
相当昔から(姿が変わらずに)居たのに
意外と『生きている化石』の様な扱われ方ってされていないんですよね

今回の発見・発覚で もすこし丁寧な扱われ方されてくるとイイのですが……
無理かにゃ~?
(滋養強壮の方が有名だし…(TxT))

>タイムマシンが開発された暁には(ry
本当に過去にも戻れる物が出来たら 色々調べて欲しい物です
古代蓮みたいに(現代の物とは)あちこち違う事が分かれば
進化・退化の様な変化とか 環境変化とか色々分かりそうですん
Posted by ねねまこ at 2017年04月25日 00:00

一億と二千...合体しそう
Posted by 神話型 at 2017年04月25日 23:09

アフリカのでかいやつを連想した
Posted by   at 2017年04月26日 00:13
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。