放置自転車が激減。15年間で24万台が3万4千台に

2017年04月10日


JITENSHA。


放置自転車が減少傾向にあるそうです。
東京都の昨年の放置自転車は3万4千台。
これは一昨年に比べ2700台の減少になるそうです。
放置自転車の数は平成2年の24万台をピークに減少傾向。
最盛期?に比べると85%の大幅減少になります。
近年は放置自転車が多い場所では鉄道事業者などが防止の呼びかけを実施。
これにより、秋葉原駅では2年間で放置自転車が半減する大きな効果を挙げた例もあるのだとか。
東京都では今後特に放置自転車の多い中央区や港区などで重点的な撤去作業や駐輪場の整備を進めていくとのこと。
15年かけてやっとここまできたと考えると、モラルの向上を成そうとしたら本当に根気がいるのだなと痛感しますね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

>JITENSHA。
しゃてんじ(業界風)が何だって?(モヤさま感)

>15年かけてやっとここまできたと考えると(ry
まったくもってその通りだと思います
放置自転車・それに関する盗難・トラブル…
まぁ駐輪場がうんぬんと言う現実もありましたが
撤去される可能性とか考えたらリスクの高い行動をするべきじゃないと
個人的にも思うですね

近年だと広い駐輪場よりも 地下の機械式の駐輪場の方が
トラブル少ない・(地上の)場所を取らないで済むとか
監視員・管理者自体も減らせるという利点もありますし
まだまだ改善出来そうですん
(※停電時が困りそう)
Posted by ねねまこ at 2017年04月11日 18:54
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。