福井県沖でクロウミガメ捕獲 日本海で初

2017年03月26日


ウミガメ。

福井県で珍しいクロウミガメが保護されたそうです。
クロウミガメが見つかったのは福井県高浜町の沖合100mほどの場所。
この地点に仕掛けた定置網にウミガメが入り込んでいるのを漁師が発見したそうです。
ウミガメは通常温かい海に生息する動物のため、衰弱の恐れがあるとして地元水族館が保護。
調査の結果、本来東太平洋などに生息するはずのクロウミガメと判明したそうです。
日本近海で見つかるのは珍しく、特に日本海側の海で見つかるのはこれがはじめてなのだとか。
クロウミガメは保護当初は多少衰弱していたものの、現在は水族館の水槽で元気に泳ぎ回っているとのこと。
ちょうど春休みですし、日本へ旅行にでも来ていたのでしょうか。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

海亀も 黒かったり赤かったり青かったり大変ですね~(違)

>ちょうど春休みですし、日本へ旅行にでも来ていたのでしょうか。
もしもそうだったなら
捕獲されて困惑しているに違いない
……でも衰弱の話もあるから 路頭に迷っていたのかもしれない
真実はどっちだ?(意外とどうでもいい疑問)

>本来東太平洋などに生息するはず(ry
この部分から判断するに いつものセリフが抜けてますん

壁|ω・)つ これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
壁|ω・)つ 許すまじ。
Posted by ねねまこ at 2017年03月27日 16:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。