野生の象、睡眠時間は1日わずか2時間

2017年03月09日


ピカイア。

野生の象は1日2時間しか眠らないという驚きの研究結果が発表されたそうです。
これは南アフリカの大学らでつくる研究グループが明らかにしたもの。
研究チームではボツワナに生息する野生の象2頭に観測装置をつけ35日間活動を観察。
その結果、象は1日平均2時間しか眠らないことがわかったのだとか。
象が眠る時間帯は午前2時から6時の間で、寝る姿勢も殆どが立ったまま。
3~4日に1度横になって眠るそうですが、横になる時間は1時間程度なのだそうです。
なお、飼育環境下にある象は4~6時間の睡眠を取っているとのこと。
象クラスになると天敵も居なさそうですが、それでもやはり野生環境だと安心できない何かがあるのでしょうか。


Posted by 架空の姉 at 07:00│Comments(2)
この記事へのコメント

平均寿命が60年〜ほどある生き物なのにそんなに短いんですか… まぁ子供か大人かで変わるかもしれませんが
Posted by たもミカン at 2017年03月09日 13:24

何だか 20~30年近く前にも 酷似した話を聞いた事が有るですにょ?
(※かなり大まかな研究・報告だったけど…内容がほぼ同じw)

大人象だと 内臓が自重でやられちゃうから
長時間横になった寝方が出来ないとか
野生だと敵が多すぎて完全な睡眠状態には成らない(なりにくい)とか…

その代わりに(?) 単調な移動中などは 脳の機能(激上手ギャグ)を
低下させて ヒトで言う所の うたたねとか軽い昼寝に近い状態を作っているとか…

飼育環境下でもあまり眠っていないのは
アレですね 遺伝子LVで睡眠が少なくてもおkな身体だったり
外部刺激に対して過敏すぎるから 結果として寝られなかったり…


>ピカイア。
これは…青いナメクジに見える 見えない?(感性の問題)
新しいポケモンだな?げっとしなくちゃ(サトシ感)
名前がピカイヤだったら もっと色々ネタにされたんだろうなぁ~(?)
Posted by ねねまこ at 2017年03月09日 17:59
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。