車検機器の設定ミスで誤判定 158万台が再検査へ

2017年03月05日


リーゼロッテ=シャルロックさん。

車検のミスにより、大量の自動車へ再検査が呼びかけられる事態になっているそうです。
問題となっているのは自動車のブレーキの効き具合の検査。
この検査に使う機器の設定を誤り、基準よりも緩い数値で合格としてしまっていたのだとか。
再検査の対象となる車両は全国で約158万台。
実証実験を行ったところ、誤った設定値であっても安全上の問題はなかったそうで、再検査は任意になるとのこと。
再検査の対象車両は月内にもインターネットで検索できるシステムが導入される予定。
車検も大変ですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

某燃費関連で 各メーカでの問題が露呈したのにも拘らず
不可思議な検査基準や検査機器自体の検査・確認を怠るという問題行動…
もっとチャンとしてくれよぉ

全国で158万台は 多すぎるんよ
どこが関わった失敗か出した方が良いと思う

>基準よりも緩い数値(ry
基準が変更された直後ならまだしも 何も変動が無いのに
失敗したのなら 危機感の無さや ねじの締りが緩すぎますん(激上手ギャグ連発)

…ウチも自転車の(自己)定期メンテしておかなくちゃ♪
Posted by ねねまこ at 2017年03月06日 23:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。