東日本大震災で流された船、福井県で発見

2013年08月04日

東日本大震災で流された船、福井県で発見
ダイオウイカ。

福井県で謎の漂流船が発見されたそうです。
この船は今月3日に福井県沖を航行中の貨物船が発見したもの。
通報を受けた海上保安部は巡視船を派遣し船舶を回収。
漁船番号を調べたところ、東日本大震災で流された宮城県気仙沼市の船であることがわかったそうです。
この船は以前にも沖縄県尖閣諸島付近で目撃されたものの、その時は悪天候で回収できなかったのだとか。
これを踏まえて計算すると2年間で5,000km程度漂流したことになるそうです。
なお、持ち主は引き取りを希望しているそうですが、輸送費がネックになりそうだとかなんとか。
2年かけて日本を半周するとは中々の大冒険ですね。
是非とも持ち主の元へ帰還することを期待したいものです。


Posted by 架空の姉 at 00:11│Comments(7)
この記事へのコメント

イカチャーン
Posted by 実在の弟 at 2013年08月04日 00:21

船も沖縄観光をしたかったのでしょうね
Posted by 奈々シィ at 2013年08月04日 00:33

ずいぶん移動しましたね・・・
Posted by 黴 at 2013年08月04日 00:41

すごいでゲソね
Posted by TASUKERO at 2013年08月04日 02:39

ダイオウイカは体内に塩化アンモニウムを蓄えているとか。
リコリスを加えてサルミアッキイカとして売りだそう!


……ちなみにサルミアッキは日本人の口には合わないとされます。
俺は好きなんですけどねえ。
Posted by 架空の書き込み at 2013年08月04日 06:00

ほおっておいたら、そのうち東北近海にたどり着きそうな気が・・・
Posted by ま at 2013年08月04日 15:13

潮の流れってすげー
Posted by K at 2013年08月04日 22:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。