7月豪雨、西日本豪雨上回る降水量

2020年07月17日


あじさい。

各地で猛威を奮った令和2年7月豪雨がデータ上でも記録的な降水量となったそうです。
今月3日から14日までの間に全国の観測点で観測された降水量は合計約25万3千ミリ。
これは一昨年発生し、甚大な被害をもたらした西日本豪雨(約23万3千ミリ)を上回る数値になるそうです。
今回の雨は西日本豪雨よりも広い範囲で雨が降った上、期間も長かったことからこのような結果になったのだとか。
ピークは脱したとはいえ、しばらくは雨の予報が続きますので皆様くれぐれもお気をつけください。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)