アコヤガイ、地球温暖化の陰謀で大ダメージ

2020年07月03日


貝殻。

昨今、真珠の養殖に使われるアコヤガイに異変が起きているそうです。
真珠の産地として知られる三重県志摩市では6月までに289万個のアコヤガイが死亡。
ここでは昨年も209万個のアコヤガイに被害が出ており、2年連続になるそうです。
これは稚貝の死ぬ割合で表すと7割ほどになるのだとか。
原因と見られているのが海水温の上昇。
長引く黒潮の蛇行の影響で海水温が平年より2度以上もあがっているのだとか。
今後も高水温状態は続くと見られており、警戒が続いているとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。  


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(0)